security

情報セキュリティ方針

情報セキュリティ方針

JSグループ(株式会社ジャコム、株式会社システム・サイエンス、JSホールディングス株式会社)は、「人のために、人が創る」の基本理念のもと、総合ソフトウェアサービス事業を展開しております。 ソフトウェアサービス事業は、多くの情報資産を扱うため、情報セキュリティの保護は重大であり、お客様のシステムやデータ等の情報資産並びに当社の経営資源としての情報資産を、あらゆる脅威から保護することが、お客様の信頼を得ると共に、社会的責務と考えております。 情報セキュリティの定義は、情報の機密性、完全性及び可用性を維持することであり、JSグループの社内の社員情報、顧客情報、パートナー会社関連情報を適正に管理し、社会的信頼性を確保することを全体目的とし、関連部門ごとの目的も確立します。この目的を達成するため、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を確立し、以下の基本方針を定め、これを運用し充実させていきます。

  1. JSグループは情報セキュリティ管理体制の確立と環境を整備し、保有する全情報資産を、内部的か外部的か、故意か偶発的かを問わず、機密性・完全性・可用性を保護し、すべての脅威から保護します。情報資産保護のため、全情報資産を特定し、リスクアセスメントを実施し、合理的で適切な管理策を選択し適用します。/li>
  2. JSグループは役員及び従業員へ教育訓練を行い、情報保護意識の向上と情報管理に関わる規定を周知徹底します。
  3. JSグループはISMSの維持・運用にあたって、個人情報保護法、不正競争防止法などの関連法規、社内規定などの法令・規範、また契約上のセキュリティ義務を誠実に遵守します。
  4. JSグループは情報セキュリティに関する社会的変化、技術的変化及び法令等の変化に適切に対応するために、情報セキュリティマネジメントシステムの定期的な見直しと改善を図ります。
  5. 品質マネジメントシステム(QMS)、環境マネジメントシステム(EMS)との統合運用によって、より効果的なISMSの構築に努めます。
改定日 2014年10月23日
株式会社ジャコム
株式会社システム・サイエンス
JSホールディングス株式会社
代表取締役 牧野 武志